FC2ブログ

戦場を飛ぶ黒鳩

一割の現実に九割に茶番で出来ております。そういうのが苦手な方はブラウザの「戻る」なり「タブを閉じる」なりを押してください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男爵の壁を越えるために

子爵になることは出来たのですが、勝ち筋が見えないという調子悪いときにむきになってやってものの見事に降格しました…… orz

今現在は再び子爵になるべく奮戦中です。

さて今回は、こんな場末のブログに来てくれた方に感謝の意をこめての「男爵の壁を越えるために意識するべきこと」でも書こうかと思います。

何度も準男爵と男爵の間を行ったりきたりして、なかなか子爵になれないという方に自分はこういうことを意識してプレイするようになったら上がれたというものです。

【①勝ち筋を見極める】
サプライ毎の勝ち筋を覚えるでもいいですし、カードの効果を覚えてどのカードがどういう働きをしてどういう風にゲームが動くかを考えてプレイするというのでもいいです。自分にあったスタイルをまずは見つけましょう。
以前にも書きましたが自分は後者でカードの効果を覚えてという方法でやっています。

利点はメイドの気まぐれレシピなどでもある程度動ける。欠点は脳が働いていないと見当違いの考えで動いてボロ負けするといったところでしょうか。


【②無駄なドローはしない】
例えば最初に早馬と冒険者を買ったとしましょう。
何だかんだあって山札は五枚、手札には農村4枚と早馬、捨て山に見習い侍女が二枚。

さて、ここはどう動くのが正解でしょうか?
5コインで買うべきカードがないのなら、あえて早馬を使わずに終了し次のターンで冒険者と見習い侍女が確実に手札に来るようにするのが無難です。
もし早馬を使い冒険者か見習い侍女が手札に来てしまうとせっかく見習い侍女を追放する機会があったのをつぶしてしまう事になります。

中盤~終盤なら山札に継承点がある状態で戴冠式には点が足りていないという状態で手札は8コインと錬金術師という場面なんかでも同じことが言えます。
9コイン以上で買うべきカードがあるなら錬金術師で引くべきですが、そうでないならあえて引かずに公爵を一枚買い、次のターンで手札に継承点がきたらそれをセットするという方が一手を無駄にせずにすみます。(点がこなければそれはそれでまた買うべきカードを買えばいいだけです)

【③自分のデッキの状態を把握する】
無駄なカードを買わないためには必須ですが、記憶力の悪い自分はこまめに捨て山をチェックするという方法で対処しています。
特に山札が残りわずかの状態ならほぼ全部のカードをみれるわけですから。多少記憶力が悪くても何とかなります。

そしてデッキの状態を把握しつつ序盤なら見習いメイドが山札に何枚あるかなどを意識しつつ、次の手番で何コインくるから何が出来るかとかを予測しつつ今何をするべきかを考えます。

全部を覚えるのが無理なら、
呪い場なら呪いの枚数、コンボデッキならコンボ用カードが何枚買えてて、山札に何枚……といったふうに、キーになるカードをメインに覚えておくだけでも大分変わってきます。


【④リシャッフルのタイミングをコントロールする】
ベルガモットを使ってるときは意識してるけど、他の姫を使ってるときはさほど意識していないという方も多いんじゃないかと思いますが、他の姫を使うときでも意識したほうがいいです。
特に終盤、理想としてはリシャッフルされたときに戴冠式に必要な継承点が揃っているというのが理想です。
山札を攻撃するカードや伝書鳩がある場合はまた変わってきますが、そうでないなら後はドローして点をセットするだけでいいので手を無駄にせずにすみます。

逆に言えば戴冠式に点が足りていないなら次のリシャッフルがあるまでは点を買うのを優先というのも選択肢に入ります。(どうしてもトップに追いつけそうにないとかなら点のセット優先でいいかもしれません)

【⑤他プレイヤーのカードを把握する】
基本的には自分のデッキ把握の応用です、相手が何を買ったか、相手の捨て山から相手の手札、山札の予想、それらを見て自分はどう動くべきなのかを判断する材料にします。

例えば破城槌を他のプレイヤーが買っていたらキープは使いづらくなりますが、買われたのが一人の一枚だけで今はその人の捨て山にあってリシャッフルも2手先とかならキープしても1手は問題ないわけですから次の手番のために今は交易船をキープしよう。などといったことが考えられます。

【締め】
大まかに書くと以上でしょうか、自分としては強いプレイヤーというのは、自分がこうして書き連ねた判断材料以上の判断材料(場の把握、他プレイヤーのカード状態予測などなど)をもち、その中で最良の一手を積み重ねられる方だと思います。しかしいきなり全部は難しいでしょうし、自分も出来てるとは言いがたく、自分は今回書き出したことを一気にやるようになったわけではなく少しずつ出来ることを増やしていった感じです

そんなわけで今は勝てなくても、出来ることを少しずつ増やしていけば勝てるようになっていくのではないかと思います。

【注意点】
今回書き出したのは基本的に簡潔に、分かりやすい例えでまとめてありますので、鵜呑みにするのではなく状況に応じて修正しつつでお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurohato44.blog.fc2.com/tb.php/9-8fe6eb62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。