戦場を飛ぶ黒鳩

一割の現実に九割に茶番で出来ております。そういうのが苦手な方はブラウザの「戻る」なり「タブを閉じる」なりを押してください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハトクラで勝つために必要なこと

ハトクラで勝つために必要なこと、それは、あきらめないことと負けから学ぶことだと自分は思うのです。
(途中退場するプレイヤーを見ながら……)

相手が上位ランカーだ。クラムクラムを取られた。二番手にベルガモットやオウカ、そして三番手双子も……。
完全に出遅れた状況、絶望してもおかしくはないかもしれない。それでもあきらめずに最善の手を考え動き、四番手点姫擁立。
気がつけば逆転勝利! 

ということも十分ありえます。(逆に独走してるつもりが逆転されることも然り)
このゲーム、運の要素もそれなりにあるのでそういう意味でどうにもならない状況というのは十分ありえますが、逆に言えば、何かの拍子に逆転しうる状況というのも出来るようになっているわけで。

まずはあきらめないことからはじめ、そして負けたとしても最後まで付き合って、終わった後に棋譜の見直しして、戴冠式を迎えれた人たちはどういう動きをしていたのか、どうしてそういう動きをしたのかとかを考えていくと、次は勝てるようになっていきます。

それは私が保証します。

男爵以上になって降格するのが嫌だというのも分かるのですが、負けそうになると逃げ回って、調子のいいときだけ最後までなんてやり方では絶対に実力なんてつきません。
それはどこまで行っても「運が良かっただけ」ですからね。



余談、ハトクラに限らない話ですが「ゲームにマジになってどうするの」とかそういう意見もあるとは思うのですが、本気(マジ)にも色々種類があると思うのです。遊ぶ上での本気とそれ以外の本気を一緒くたにして「マジになってどうするの」と言ってるようで、自分は嫌いだったりします。
勝負事である以上は勝ちたい、だから勝つための本気を出す。それはあくまでも「ゲームを楽しむための本気」でもあるわけで、それだと負けても悔しいのは確かですが嫌な気分にはならないのですよね。

逆に、嫌な気分になったりするときは楽しめないときなわけで、精神的に余裕がないときとかだったりするわけで、そういうときは離れるのも大事だと思っています。
ゲームはあくまで「楽しむため」にあるのですから。
スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurohato44.blog.fc2.com/tb.php/13-ce83fc5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。