戦場を飛ぶ黒鳩

一割の現実に九割に茶番で出来ております。そういうのが苦手な方はブラウザの「戻る」なり「タブを閉じる」なりを押してください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新サプライ「決戦前夜」と「大航海時代」

なんかハトクラのことしか書いてないねこのブログ。
子爵と男爵を行ったりきたりしてたら新サプライがきました。

実際にプレイできたのは「決戦前夜」と「大海賊時代」の二種類なので私的感想と攻略でも
といいたいのですが大海賊時代はほとんど使ったことのない魅了術の魔女と財宝の二枚に翻弄されて何がなんだか……。

【大海賊時代】
しいて言えば財宝で掘れるかどうかは、最初にマーケットに出てるカードしだいで、序盤に買われるカードが多いとあっというまに掘り返されて財宝は死にカードに、魅了術の魔女はドロー効果つきの妨害カードで購入補助の効果はあくまでオマケと思って、素直にコインパワー高めて行ったほうが強いかも?

【決戦前夜】
最初に見たとき「何これ」と言葉が出てしまうくらいに攻撃カードだらけで防衛カードなし、しかも呪いを振りまく魔女が二種類。

早い段階で擁立出来ないと呪いと歩兵大隊に邪魔されて擁立すらままならなくなりやすそうです。
あとプレイ方針にもよるとは思いますが擁立の際に都市を直轄地にして3コストをキープできるかどうかでも大分変わると思います。

一点の価値が高い場なので見習い侍女を点としてセットして処分するのはかなりリスクが高そう
デッキが大量の呪いと2ドロー以上の効果を持つカードがないためリシャッフルまでが遅いので召集令状を上手く使うと一手を短縮できそうです。

状況にもよるでしょうが、自分のときは終わるまで26ターンという最長記録でした……。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurohato44.blog.fc2.com/tb.php/12-519bbae6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。